投資家に人気の米国株式投資に挑戦

投資家に人気の米国株式投資に挑戦

FXの達人さんによる2016年から17年の為替相場焦点まとめ

2016年から17年にかけ今後の数カ月間、外国為替市場の参加者は、@中東の政情不安、Aわが国の大震災、B欧州の財政危機(ユーロ危機)、C中国のインフレの4片からなる複雑なジグソー・パズルを組み解かねばならない。結論を先に述べれば、筆者は、円安が進行する可能性大とみている。

投資家に人気の米国株式投資に挑戦

世の中には米国株取引について、最初の投資が何十万円も必要で、若者などにはなかなかハードルが高い投資だなんて、誤解されている方だって相当いると予想されますが、実はこの頃人気のものは初期費用がなんとわずか千円ほどからチャレンジしていただける投資商品までけっこうあるので始めてみては?

 

簡単な例だと1ドルが100円のタイミングで、もし10万円(つまり1000ドル)の証拠金をもとに、1万ドル(=100万円)を買ったとすればレバレッジについては10倍になるのです。しかし経験が浅い初心者の方は、リスク回避のためにレバレッジを働かせない米国株が取引できる証券取引に限定することを提案します。

 

米国株投資の経験が少ない初心者向けのたくさんの中から米国株投資業者を選ぶときの、忘れてはいけない比較する点としては、売買など投資に関するルールが単純で、攻略法を考えるときに様々な取引条件について考えることがないと考えられるサービスの株式投資業者から、選択すると失敗しないと思います。

 

今では日本には多彩な米国株が取引できる証券会社が存在します。しかしながら、取引に関する契約内容以外になんといっても米国株が取引できる証券業者の信頼度がかなり異なるので、どこの米国株が取引できる証券会社が一番良い会社なのか慎重に見極めたうえで、取引のための口座を開設することを肝に銘じておいてください。

 

実際の自分の投資方法に適している米国株が取引できる証券会社をしっかりと探し出すときに、そこだけでなく取引条件が強い特色の米国株が取引できる証券会社を2から3社契約し、そこで口座を持っていたほうが、投資ではとても有利に働くに違いないのです。

 

何度も米国株式を売買していらっしゃるという投資家の方なら、取引のたびに必要な手数料は知らんぷりできません。予想通り購入した株価がアップした場合でも、取引のために必要な手数料で儲けどころか損が出てしまうこともありえますから気を付けてください。

 

これまでこんな投資の経験がちっともなくても、上がるか下がるかについて予測だけなら、悩まずに容易に始めることができそうですよね。このようなシンプルな仕組みこそ株式投資が投資の経験も知識も少ない初心者でも、挑戦しやすい大きな要因なのです。

 

いよいよ、株投資家に人気の米国株式投資に挑戦するになっている株のインターネット取引初心者向けに、わかりにくい株式投資の分野っていうのはどんなことが起きているのか、さらには株式でガンガン儲けるためには、どれが良い方法なのかについてわかりやすいように紹介しています。

 

米国株はETFで始めたほうがいいかもしれない。特にNASDAQ系の銘柄をまとめたETFがいいだろう。例えばARKのETF群がおすすめです。
ARK社のETF「ARKK」とは?どこの証券会社で購入できるの?【米国株投資】

FX投資雑感

円の独歩安トレンド明確に。年末に向けて1ドル90円台へ上昇。 さて今年も終わりになりかけているが2016年から17年までの予想を考えてみたいと思います。短期的には、中東情勢の混乱、わが国の震災による先行き不透明感から、ドル円相場にはダウンサイド・リスクが残る。ただ、円売り介入に対する警戒感も強く、欧州では、利上げ観測と財政懸念が交錯するため、主要3通貨に明確なトレントを求めるべきではない。あえて言えば、中国の引き締め政策を受けた中国元買いが望ましい。しかし、わが国経済が震災被害からの復興期に入り、中国経済の減速が明確になり、加えて、米国の量的緩和の解除が現実味を帯びてくれば、円の独歩安トレンドが明確となる可能が高い。ドル円相場は、年末に向けて90円台へ上昇するとみている。

ホーム RSS購読 サイトマップ